プロフィール(学歴)

高校までは地元(埼玉県ふじみ野市)の学校に通い、大学から東京に上京しました。大学では東京工科大学メディア学部に入学し、

表現設計論(講義名)でのコマーシャル制作から、映像表現の技術や手法の基礎を学びました。

 

担当する仕事(実際に制作に携わっている番組)

フジテレビ「ホンマでっか!?TV」です。チーフADをやっています。

 

入社したきっかけ

 「挑戦しなければ前に勧めない」平成25年の夏にミュージックビデオ制作の

アルバイトの際に、決意した言葉です。この決意から映像制作のお客様や

視聴者に楽しんでもらえる瞬間の喜びを知ることができ、熱意を最大限に

発揮していくために、社員同士の結びつきを強める活動や、

長い年月をかけて他社からの信頼を築きあげてきた、勢いのある人材マネージメントの業務に強く惹かれて

志望しました。

 

 

 

いままで苦労した仕事・仕事へのやりがい

「連日の飲み会に加え、毎日朝10時から始まる編集が1週間続いた時。」

「職場で、たくさん“名前”を呼ばれる時」

名前を呼ばれる&電話がめっちゃかかってくるというのは、

ある程度信頼を得た上で仕事を与えてもらっているので、

呼ばれた時に喜びを感じ、1つ1つの作業を終えた時にやりがいを感じる。

同じ番組だけでなく、他番組の人からも声をかけられた時も同様です。

 

あと番組収録が始まる前に、事前に説明と観覧に来ているお客さんを前に

“前説”というのをやるのですが、そこでウケた時

 

 

学生へのメッセージ

現場に入って3ヶ月ぐらいは、自分がどれだけダメダメか実感します。

そこを乗り切る事ができれば、少しずつ体も気持ちも余裕が出来てくるはずです。

僕の中では、どれだけポジティブでいられるかを重要視しているので、

怒られても「怒られたんじゃなくて、教えてもらった」ぐらいの

強い気持ちがあればごまかせます。

 

 

 

現場の雰囲気はどうですか

自分の現場が、特殊かもしれませんが、「自分はこう思う!」「この方が面白い!」と発言出来る場があります!

ADとは言えど、アシスタント“ディレクター”です、演出などに関したくさん発言する機会があることにやりがいを感じています。

 

同期(他のITSスタッフ)との交流は

基本的に自分から連絡して、管理スタッフとITS社員と食事に行きます。

管理スタッフの人から同期生の近況報告をよく聞いています。

 

休日の過ごし方は

家族と昼からお酒を飲み、夜からは一人で飲み、深夜から朝まで友達と飲みます。

“飲んでます”

 

フォーミュレーションITSのいいところは

僕の傲慢な態度にも優しく触れ合ってくれる、

管理スタッフから連絡が来たり、

局にもちょいちょい来るので近況報告ができること。

BBQとか楽しい!!

同じ会社の人が、

みんないい人。嫌いな人がいない。