三好 良太
ITSを映像に限らずイベントとか、色んなことができる会社にしていきたいです!

担当

フジテレビ「ホンマでっか!?TV」ディレクター
 

 

入社してからの経歴

2014年入社で、新卒時から「ホンマでっか!?TV」を担当。
27時間テレビやいくつかの特番を経験しながら、2年目でチーフADに、3年目でディレクターに昇格。
 

 

仕事内容

いくつかあるレギュラーコーナーの中から、次回収録での自分の担当が決まると、新しい評論家の先生を探して打ち合わせをしたり、先生方が話す情報の文言を整理したりしています。
新企画の担当になると、オーディションから始まって、一から構成を組み立てていくので大変です。
収録時には副調整室という部屋から、フロアのカメラマンやADさん達に指示を出したり、自分がフロアにいる場合にはカンペで演者さん達に指示を出しています。
もちろん映像を編集するのもディレクターの仕事。1時間程の映像を20~25分くらいに編集します。テロップやナレーションの文言も考えるので、より視聴者が分かりやすいような言葉を使うよう意識しています。
 

 

今の仕事で嬉しかったこと

SNSで視聴者がどういう反応をしているのかチェックしながらテレビを見ることが多いのですが、面白いと思って編集したものを、視聴者が面白がってくれていたり、伝えたいと思ったものに興味を持ってくれたり…
制作側の意図が視聴者に理解してもらえているととても嬉しいです。
視聴者の意見はちゃんとこちらに届いてるんですよ!
以前企画で埼玉県民を取り上げた時には、「次は茨城県もお願いします!」という感想を頂いたので、次は茨城県民企画をやろう!という話になっていたりとか(笑)
 

 

仕事で心がけていること・信念

「時間を惜しまないこと」です。先輩ディレクターのように瞬発的に面白いことを考えられるわけではないので、締切は守りつつ時間はかけられるだけかけて、より洗練したものを考えるように心掛けています。
どうやって編集しようかとか、打合せでどういうことを話そうかとか、家に帰ってからもずーっと色んなことは考えてますね。それが苦痛なわけじゃないので、仕事というより毎日文化祭をやっているようなもんです(笑)
 

 

ITSを選んだ理由

テレビ業界以外でもいくつか内定を貰ったんですが、その中で1番フレンドリーに話せる会社がITSでした。
番組に配属されたら社内のスタッフと一緒に働くわけではないですが、同じ番組の人以外で気軽に相談ができる人がいる環境がある、というのは他の会社にはないんじゃないかと。
もちろん番組内の人間関係も大切なんですけど、ずーっとその中に閉じこもっているとストレスも溜まるし、考え方も偏りますよね。
そういう意味で、会社の雰囲気を重視したのは間違いじゃなかったなと思っています。
あとは、同期にバラエティをやっている子もいれば情報をやっている子もいて、さらにCMなどテレビ以外の仕事をしている子もいる会社なので、色んなジャンルで頑張っている子達と話ができるというのも、クリエイターとして得るものが大きいですね。
 

 

将来の夢・目標

自分の目標としては、「ホンマでっか!?TV」をずっとやり続けていくこと。
あとは、ITSを映像に限らずイベントとか、色んなことができる会社にしていきたいです!